痛いと言ってもやめてくれない体育会系脱毛サロン

私の年齢は34歳、職業は事務です。

 

私が一度体験した脱毛のひどい体験を紹介します。

 

昔あるサロンで脱毛をしたのですが、私は脱毛の痛みが怖くてカウンセリングでずっとその旨を伝えていました。

 

ですが、スタッフの人は

 

「そこまで痛みがないので大丈夫です。」

 

「痛ければゆっくり確認しながら行うので、遠慮しないで言ってください」

 

と言っていたので安心して脱毛を受けることにしました。

 

ですが、実際に脱毛をしたら思っていたよりも痛くおもわず「痛い」と言ってしまいました。

 

そこで一度やめてくれたり、脱毛を調節してくれれば問題がないのですが、

 

その施術をした人は「少し我慢してくださいね。」「脱毛はこのくらいの痛みがありますし、みんな耐えていますよ」と言われていました。

 

カウンセリングで言われた事と全然違うので驚いてしまいました。

 

腹がたったというよりかは驚いて言葉が出ませんでした。

 

そして、結局最後まで痛いといいながら終わったので、そのときは納得できませんでした

 

結局その日はそのまま帰ったのですが、脱毛をした友達に聞いたら「お客さんが痛いと言っているのにそのままやり続けるのはあり得ない」と言われました。

 

私は腹がたってそのサロンに苦情を言いにいきました。

 

そしたらとりあえずあやまってくれたのですが、やはり、脱毛に痛みは多少あるので、まったくゼロにはできないと言われました。

 

確かにそのとおりですが、カウンセリングのときは配慮してくれると言っていたのでなんか納得できませんでした。

 

まるで入部の時はいいように勧誘して、入ってみたらしごかれるここは体育会系サロンかよって思ったくらいです。

 

結局そのサロンを通うのはやめて違うサロンにいきましたが、同じ脱毛でも、痛みは少なかったですし、痛いといっていたら止めたり様子を見てくれました

 

高いお金を払ってしまったので、今でもそのサロンを思い出すと腹がたちます

 

この痛みへの対応って、ほんと脱毛サロンによって全然違うみたいです。

 

契約前は皆同じようなことを言いますが、中には、お客がすこしぐらい痛がっても諭して照射を続けるて方針でやっているところもあるんです。

 

特に全身脱毛だと時間がかかって、予約が入っているから、次の時間に押さないようにというのがあるみたいです。

 

たくさん人数をこなして利益を上げる、そのことしか考えていない脱毛サロンはそういう対応になるのだと思います。

 

これから脱毛を考えている人は参考にしてくださいね。

 

そして、もしサロンで脱毛をするならサロン選びはしっかりする事をおすすめします。